0261-71-1229  お問い合わせ
      EN / 中文

0261-71-1229 お問い合わせ

      EN / 中文

バックカントリーの服装と持物など

Backcountry Equipment

Backcountry Equipment
バックカントリーの服装と持物など

 

服装に関しては、

普段ゲレンデを滑るときのもので大丈夫です。しかし、速乾性のあるアンダーウエアー(肌着)や靴下をはじめ、化繊のシャツやフリース類、防水透湿性を備えたアウターウエアー(ゴアテックスなど)を着用すると、より快適なプレイを楽しむことが出来るでしょう。また、防寒用の帽子などもあると良いでしょう。
 
 
 

■持ち物に関しては、

各プレイにもよりますが、基本的に普段ゲレンデを滑るときのものになります。その他には、ビーコン、プローブ、ショベル、スノーシューもしくはクライミングスキン(スキーシール)、ポール、ザック(スキーやボードを装着できるもの)、サングラス(紫外線から目を守れるもの)、昼食(行動中に食べやすい一口サイズのものなど)、水筒などが必要になります。
 
 
 

■その他に関しては、

ゴーグルや防寒着(フリースなど)などが挙げられます。また、グローブやゴーグルなどは、別に予備があると良いでしょう。
 
 
 

■ビーコン、プローブ、ショベルとは?

万が一の雪崩事故に備えて用意する、雪崩対策用具になります。
 
 
 

■スノーシューとは?

歩行時に使用する用具(西洋カンジキ)になります。代用品としては、ツアービンディングやアタッチメントにクライミングスキン(スキーシール)という形も取れます。
 
 
 
※以上に出てくる、ビーコン、ゾンデ、ショベル、スノーシュー、ポール、ザックなどは、多数レンタルを用意しております。
※自然の中では、各自が余裕を持ち行動するよう心がけましょう。
 

 ※以上ご不明な点につきましては、遠慮なくお問い合わせください。

 

HOME | プレイガイド | バックカントリーの服装と持物など