0261-71-1229  お問い合わせ
      EN / 中文

0261-71-1229 お問い合わせ

      EN / 中文

アバウト スタッフ”舎川朋弘”

About Staff "Tomohiro Tonegawa"

About Staff "Tomohiro Tonegawa"
of Color Sport Club

 

Photo:Hiroya Nakata

舎川 朋弘

Tomohiro Tonegawa

カラースポーツクラブ代表
現在に至るバックカントリシーンを築いた草分け的存在。90年代初頭よりゲレンデ外に目を向け、厳冬期における山岳スキーシーンを切り開いてきた人物である。テントで暮らすというユーモア性も併せ持ち、海外活動を経ると同時に代名詞となる白馬全域のフィールド開拓を達成した。そして、パイオニアワークは続いている。

  


 
Guide:バックカントリースキー&スノーボード、バックカントリースキルアップキャンプなどを主に担当
マテリアル:スキー
サマーアクティビティー:登山、サーフィン
他趣味:読書
 
・公益社団法人日本山岳ガイド協会 山岳ガイド資格ステージⅡ
・公益社団法人日本山岳ガイド協会 スキーガイド資格ステージⅡ
・公益社団法人日本山岳ガイド協会 スキーガイド検定員
・北アルプス山岳ガイド協会
・信州登山案内人(白馬山案内人組合員)
・白馬マイスター(白馬の職人)
・中部山岳 国定公園 国立公園 保護指導員
・北アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会山岳遭難救助隊員
・特定非営利活動法人日本雪崩ネットワーク(JAN:Japan Avalanche Network)雪崩業務従事者レベル2
・特定非営利活動法人日本雪崩ネットワーク(JAN) 理事
・日本赤十字社救急法救急員
・国内旅行業務旅程管理者
・体育学修士
 
サポート:Permanent UnionTONES SKIMARKERK2 skiBOOTHESTRAPOCPLUS ONE WORKSbcaACLIMA, COLOR SPORT CLUB.
  
1988年
・経験がなかったわけではないが、このころから年に数回いろんなことを行なうようになる。
1990年
・スキー及びスノーボードにおける板、ブーツなどのチューンナップ、メンテナンス、取り付けなど、総合的な技術職を務め始める。
1992年
・スキー場外に興味を持ち、板を担ぎ、登り、そして滑ることを始める。
・COLOR SPORT CLUB(カラースポーツクラブ)の発足。
1993年
・カナダにスキートリップ。
・立山周辺での活動を始める。
1994年
・白馬に住み込み、活動を行なう。
・唐松岳に至る尾根沿いの開拓を始める。
・アラスカにクライム&スキートリップ。
・白馬岳、富士山、剣岳などでの活動を始める。
1995年
・白馬に住み込み、活動を行なう。
・白馬唐松にてスコットシュミッド、またジェイソンモアーそれぞれの撮影ガイドを務める。
・日本体育大学 体育学研究科 修士課程入学。
1996年
・白馬でのテント生活にて、活動を行なう。
・唐松岳不帰二峰の南峰(オーワイド)、三峰(スクラッチ)を滑る。
・谷川岳周辺での活動を始める。
1997年
・白馬でのテント生活にて、活動を行なう。
・五竜岳に至る尾根沿いの開拓を始める。
・日本体育大学 体育学研究科 修士課程終了。
・日本体育大学 研究員。
1998年
・白馬でのテント生活にて、活動を行なう。
1999年
・白馬乗鞍岳、小蓮華岳に至る尾根沿いの開拓を始める。
・唐松不帰二峰の北峰(ゴーストレイト)を滑る。
・日本体育大学研究員 退職。
・スイスに約半年間の登山留学(同時にトレッキングガイドを務める)。
・ヨーロッパアルプスにて約一ヵ月半の間に4,000m級以上の山(マッターホルン4478m、ブライトホルン4164m、ポリュクス4092m、カストール4228m、チナールロートホルン4221m、メンヒ4099m、ユングフラウ4158m、アラリンホルン4027m、アルプフーベル4206m、ワイスミース4023m、レッギンホルン4010m)を11個登る。
2000年
・白馬でのテント生活にて、活動を行なう。
・白馬にてCOLOR SPORT CLUB(カラースポーツクラブ)を創業。
2001年
・鹿島槍ヶ岳の開拓を始める。
・杓子岳の開拓を始める。
・白馬鑓ヶ岳周辺での活動を始める。
2002年
・唐松不帰二峰の中央尾根(ノーズダイブ)を滑る。
2003年
・唐松不帰二峰の真中(極真)を滑る。
・ヨーロッパアルプスにてモンブラン4807m、タキュル4248mをそれぞれ登る。
2004年
・唐松不帰一峰(2200m地点より)を滑る。
・白馬鑓ヶ岳逆くの字ルンゼを滑る。
・唐松不帰二峰の北峰北壁ルンゼを滑る。
2005年
・唐松不帰二峰の真中(極真)をダブルアックスで登る(ソロ)。その後不帰二峰北峰(ゴーストレート)を滑る。クライム&スキーダウンを実践。
2006年
・飲食店開業(白馬駅前)に伴い、店舗の拡大を図り始める。
・スキー形状の可能性に興味を持ち、新たなデザインを描き、そして手を加え続けることを始める。
・TONES SKI(トーンズスキー)の発足。
2007年
・天狗岩稜(2200m地点より)を滑る。
2009年
・杓子北東ルンゼ3のクライム&スキーダウンを実践。
2010年
・COLOR SPORT CLUB(カラースポーツクラブ)を、駅前の白馬町地区から現在の白馬バレー中心地に当たる深空地区へ、それまでのサービス施設を総合し新たな宿泊サービスを伴った複合施設、ロッジクラブハウスとして移転する。
2016年
・TONES SKI(トーンズスキー)を創業。
2017年
・唐松不帰二峰の中央最難(チョコチップ)から三角壁をつなぎ滑り、二峰すべてのラインを完成させる。
  

HOME | アバウトアス | アバウト スタッフ”舎川朋弘”